本文へ移動

1-2グループブログ

サプライ用品配送業務

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2021年11月ミーティング

2021-11-19
今回のミーティングは普段の業務とは異なり、コピー機配送の業務内容をロールプレイングの中から様々な事を学ばせて頂きました。

この体験を生かして他の業務にも興味を持ってもらう事が出来ました。

2021年10月ミーティング

2021-10-15
10月15日金曜日にサプライとタバコルート配達の合同ミーティングを行いました。

本日のテーマは双方の配送内容の細かな違いについての照らし合わせて話し合いを行いました。

・サプライ配送ではお客様先に伺い時間帯には基本時間指定はないがタバコ配送では必ず時間指定があり、全店時間厳守で配送を行う。
・サプライ配送では受け持ちの配送エリア内でのルートを組むのはドライバー自身で行うがタバコ配送では事前に決められた配達ルートで配送を行う。

など互いにエリアを持ち同じお客様先に伺う所は同じであっても、業種によって様々なルールや確認箇所が変わってくる事が分かってきました。

本日、話し合いの中でこの様なルール確認した事によって大きなミスを未然に防ぐにはまずは小さなミスを無くし日々、細かな事に気を使える様な配達を行う事によって重大なミスが防げる配達になる事が分かりました。

2021年4月ミーティング

2021-04-16
コロナ感染防止を徹底する為、マスクの着用 少人数での参加 適切な間隔 短時間でのミーティングを行いました。

直近で発生した大型トラックの追突事故についての話し合いを行いました。
ドライブレコーダーの映像を参加者全員で確認して各々が感じた事や自分達なら何を意識して運行するのかなど意見を出してもらいました。

    1、だろう運転にならない様に常にかもしれない運転を心がける。
    2、配達し慣れた道であっても不意なイレギュラーが存在しているので常に緊張感を持って運転する。

など普段のミーティングよりも短い時間でしたが、ドライブレコーダーを見て対岸の火事とは思わず我々の業務は常に危険と隣り合わせという事を再度確認出来たと思います。

ドライブレコーダーの映像を確認。。。
この後どうなるか?危険予知!
意見を出し合いました!!

2020年3月ミーティング

2020-03-19
本日、3月19日木曜日サプライチームはミーティングを行いました。
 
まず初めに3月から、たのメールの仕分け方法が変わり現状どの様な体制になっているのかを倉庫責任者の大谷主任から説明をして頂きました。
そこで以前と現在ではドライバー目線から見てどの様な変化や戸惑いがあるのかを意見してもらいました。
1、以前まで仕分けられていた大口商品がパレットごと移動できない様な場所に置かれていて取り出しに苦労している。
2、蛍光灯や壊れやすい物などが硬い物と一緒にして仕分けられている。
3、潰れやすい商品の上に重量物が乗っていたりする事がある。
など意見がありました。

後半は現在サプライ配送を行なっているメンバーが入社する前の事故事例などを事故報告書の原因を聞いてもらい自分達ならどの様な行動を取り、決められたルールとはどの様な物があるのかを聞き取りました。
皆さんアニュアルを理解していて、同じような場面に遭遇しても適切な行動が取れる事が確認できました。
そして過去に車両事故を発生させてしまった人達にホワイトボードを使って当時の状況や心境を説明してもらい、今現在 どの様な事に気をつけて配送を行っているのかを皆さんの前で発表してもらいました。
どの様な状況で発生しやすいのかや、1tバンの特性を再度理解してもらい これからも同じ様な事故が繰り返し発生しない様な意見交換が出来ました。

2020年2月ミーティング

2020-02-29
本日は安全運転特別講習会と言う事で我々サプライチームだけではなく他の課の方々も多く集まり安全運転と意識を高める為の講習会を開催致しました。
去年、社内で事故を発生させてしまった当事者の状況説明と原因を白板を使って話をしてして頂きました。
既に対策は打たれている物ではありますが、多くの人が集まった時にまた別の意見や考え方が見出せる狙いもあり1人1人に意見を交わし自分ならどうするのか??
また車格が違えばどの様な対応が出来るのか??
業務内容が違う場合などの連絡事項はどうしているのか??
など車格が違うと見え方や死角が違い気をつけるポイントが多い事にも驚かされました。

業務中のメンタル的な部分もミスや事故に繋がりやすい事「忙しさにイライラや時間に追われて焦ってしまっている」なども話し合い、各々 この様なシチュエーション場合など どの様に気持ちを切り替えているのか?発表してもらいました。

今回の安全運転特別講習会で我々サプライチームは車格が小さく死角も少なめではあるが、見えているから安心 安全でなく 次の瞬間には状況も景色も変わっている常に車を動かす際は周りの状況を把握して安全に走行を行わなくてはならない事を再認識しました。
TOPへ戻る