本文へ移動

2-1グループブログ

企業間輸送業務

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2019年11月忘年会

2019-11-30
令和元年11月30日 ユウキネットワークス株式会社の忘年会を行いました。
 
初めに葉狩所長からの挨拶を頂きました。
その中でユウキネットワークスが今年に入って最も力を入れているフラワーリボン協会のお話がありました。
協会に未加入の昨年と、加入した今年からでは目を見張る程の変化がありました。
事故件数が半分以上も減り、従業員の運転業務に対する意識と考え方に変化があったことが、データとして挙がっている事を伝えてもらえました。意識が変われば事故も無くなると実感しました。
 
忘年会に話を戻すと
皆さんお待ちかねの「しゃぶしゃぶ」が登場!!
お酒も進みます!
 
飲めや食えやで1年の疲れを吹き飛ばせる内容で大いに楽しめる内容だったと思いました!!
 
宴会の最後の社長挨拶では、来期はこれまで以上に職場環境の充実をはかるため、皆様の協力のもと働きやすい会社造りを行っていきますとのお言葉を頂きました。
今年もあと1ヶ月程となりましたが、事故、ミス、怪我無く本年の業務を全うできるよう努力していきたいと思います。
 
 

2019年7月ミーティング

2019-07-27
当社組織変更に伴い、事業部内合同でのミーティングを行いました。
 
第2運送事業部は2グループから成り立っており、1グループは企業様から企業様(倉庫/工場または店舗様から倉庫/工場または店舗様)への配送を主な業務とし、
大きな車両の運転、中長距離の運行もあり、日々安心安全な業務遂行を心がけております。
 
今回、当社「プロ集団」としての心構えを持ち、改めてプロとは何かを参加者に考えてもらいました。
 
また、当社の新ロゴマークのデザイン案を1グループのメンバーに募っております。いいアイデアが出ると良いですが。。。
 
 

2019年6月ミーティング

2019-06-22
「車間距離の感覚を確認」 
                                                                               
今回、3課ミーティング は車間距離について考えて見ました。
運送ドライバーとして各自がどれだけ車間距離を意識した運転が出来ているかドライバー同士で話し合いを行いました。その後、実際に担当している車種を使用し前方車輌に対して車間距離10m地点5m地点に自分の感覚で車輌を停車させてみる実技を実施。
個々の感覚と実際の距離の差を実感してもらいました。
状況に応じた車間距離を確実に取る事で
追突事故の防止に努めて参ります。

2019年4月ミーティング

2019-04-27
「業務担当車輌の死角を確認」
 
今回のミーティングは各ドライバーが普段業務で使用している担当車輌の死角に自らが入り死角となるポイントを再度確認してもらう体験教育を行いました。
 
ここが死角だと思う場所に自らが立ち、その場所にパイロンを置いてもらいます。
運転席に戻り、大きく頭を動かさない状態で目線だけを動かします。自らが置いたパイロンがまるごと全部見えたなら失敗、死角ではありません。  
死角にパイロンが入るまで同じことを繰り返してもらいました。
 
この死角を再度確認する事で各ドライバーが運転中、「見えない所を見る!」という意識の向上に繋がればと考えます。
 
見えている所の危険は察知しやすいが、 見えていない所の危険は察知しにくい。
あたりまえの事ですが、ここに重大な危険が潜んでいる事を常に忘れず運送業務を遂行していきます。

2019年3月ミーティング

2019-03-23
「車輌の長さとリア・オーバーハングの確認」
 
 今回、3課のミーティングは大型車輌の長さとリア・オーバーハングの確認を行いました。
 
 トラック運転手として運転を始めた頃は、車輌後部の長さに十分な気配りをしてきたと思います。
  ・その頃の気配りを各ドライバーが忘れていないか? 
  ・バックモニターの映像に頼りすぎていないか?
 過去、実際に起きた大型車輌左側後部、鉄柱ポールとの接触事故を実技的に再現し事故原因を話し合い、
 モニター映像の落とし穴やリア・オーバーハングの出かたなどをドライバー同士が再確認し共有する事が出来
 ました。
 また、大型車輌後部のパイロンを置き、モニター映像をOFFにした状態でギリギリまで車輌を後退。
 モニター映像に頼りすぎている事と車輌の長さを実感してもらいました。
TOPへ戻る